gi-cho-img02.jpg

「土地家屋調査士は不動産登記の専門家です。」
「不動産登記」とは何なのでしょうか?
大切な財産である土地や建物を登記簿に記録することによって、不動産に関する権利を保全し公証する役割をもつ重要な制度です。
土地や建物の位置・用途・面積などの言わば、「姿・かたち」を明らかにすることを目的とした登記を「表示登記」と言います。
私たちは、所有者等のみなさまの依頼による「表示登記」の申請手続をとおして、不動産の管理や取引の安全を図るという面ばかりでなく不動産に対する国民の権利を守り、併せて行財政施策の円滑な運営に寄与するという重要な社会的使命を果たしています。

img_001.gif




境界を調査・確認し現地を測量して面積を調べます。
(調査・測量)

img_002.gif




相続・贈与または売買などのために1筆の土地を2筆以上に分けます。(分筆登記)

img_003.gif




登記簿の地目を宅地に変更します。
(土地地目変更登記)

img_004.gif




建物を新築したときや、建売住宅を購入したとき。
(建物表題登記)

img_005.gif




建物を増築したときや、車庫などの附属建物を新築したとき古い建物を取壊したとき。(建物表示変更登記・建物滅失登記)

境界紛争解決センターぎふのご案内

『境界紛争解決センターぎふ』は、こちらをクリックしてください。



土地家屋調査士に
    なるには・・

日調連のページにリンクしますLinkIcon